住宅ローン借り換えのメリットってどうなの?

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。

一般的には、住宅ローンの借り換えで賄う人が多いでしょう。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金がなくなる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

理由として考えられるのは以下のような方です。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

過去に一回でも返済が出来なかった方は、信頼できない人と見なされ借り換え審査には通らないでしょう。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

スムーズに借り換え審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、つなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、一時しのぎで借りるローンの事を指します。

一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

信頼をおける銀行が見つかったら、まずは相談してみて後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、この場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く高齢になると申請できないといった問題があります。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

なぜ可能かと言うと、申請した二人が同時に返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

参考:住宅ローン借り換え諸費用研究!メリット・デメリットは?【手数料比較】

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行も同じくらいの審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには借り換え手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換えを行う時は別の保険への加入を検討するいいチャンスです。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後はほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

住宅を購入する際に活用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。

今の組んでいるローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

夢のマイホームを買う際に多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に考えるのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると当然、現在借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って計算してみたら30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

最初に組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えを行う時のために流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容を再確認することです。

銀行のHPにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション後は借入銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

様々なローンの利用を考える際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを見ると変動の方が低くなっていることが多いですがしかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

他にその中間とも言える3年間、5年間などの固定期間選択制というものもあります。

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい書類ですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

ここに挙げたのは主な書類なので実際に借りる金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

結論としては可能です。

住宅ローン控除では10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどが挙げられます。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。