行政書士試験では民法と行政法を充分理解しておくことが重要です

行政書士の試験の合格率は毎年5%~8%のあたりで、なかなか難しい試験ですよね。
行政書士試験の合格は総合点が6割必要となっているんです。
その6割をとるのに民法と行政法は熟知してのぞまなければいけないぐらいとても重要なんです。
というのも民法と行政法はそれだけでも合格点にいく配点をされているんです。
しかし、せっかく民法と行政法、総合点で合格のところまでいっていても、一般知識等科目で、合格の基準点にとどかなかった場合は、不合格になってしまうんです。
毎年一般知識等科目が点数をとれずに不合格になってしまう人もいるので必ず学習して下さいね。
そして合格にかかせないのが過去問を使って学習することです。
過去問はどんな参考資料にも負けないぐらいに大切な学習道具です。
何度も繰り返しといて理解して自分のものにして下さいね。